トップ > 脱毛の知識 > レーザー脱毛とはどんなもの?

レーザー脱毛とはどんなもの?

脱毛の中でも光脱毛の次に人気が高いのはレーザー脱毛です。 ムダ毛の自己処理をやめて脱毛をしようと思っている方は、レーザー脱毛についても一度は検討しているかもしれません。

レーザー脱毛は光脱毛と仕組みはほぼ同じですが、照射する光の強さが違います。 レーザー脱毛の方が強い光を照射するので効果が高くなっています(抜けるまでの期間が短い)。 レーザー脱毛は光脱毛と同様に、皮膚の上から光(レーザー)を当て、その熱で毛根を破壊して脱毛します。 毛の黒い部分に光が吸収され熱に変化することで脱毛するので、産毛や白髪、金髪などには効果が出にくいという特徴があります。 しかし、全く効果がないわけではなく、黒い毛よりも時間がかかる程度です。

光脱毛との違いは、レーザー脱毛の方が痛みが強く料金が高いことです。 レーザー脱毛では強いレーザーを当てるので、光脱毛に比べるとかなり痛いです。 出力の強い光を使うので、肌トラブルが起きる可能性もあり、そのためエステではレーザー脱毛を行っていません。 レーザー脱毛は美容皮膚科や美容クリニックなどの医療機関でのみ行っています。 そのため医療レーザー脱毛とも呼ばれます。

レーザーがどれくらいの痛みを感じるかは個人差があります。 痛くて我慢できないという方もいるので、中には麻酔をしてから脱毛するクリニックもあります。 痛いのは嫌だけどレーザー脱毛が受けたいという人は、そのような麻酔を使用するクリニックを選ぶと良いでしょう。

レーザー脱毛は一度行なえば終わりというものではありません。 毛周期が経過する毎に、何度か繰り返し施術を受ける必要があります。 人の毛というのは表に出て見えているものが約30パーセントで、残りの70パーセントほどは皮膚の下で休んでいる状態です。 見えている毛が成長期や後退期の毛で、皮膚の下で安いんでいるのが休止期の毛根です。 レーザー脱毛は黒い毛に効果を発揮するので、毛が出ていない状態である休止期の毛根には効果がありません。 毛周期が経過して、休止期だった毛根が成長期になったてから施術をすることで効果が出るわけです。 これを何度か繰り返すことで全てのムダ毛を脱毛します。

このように時間もお金もかかるので大変に感じるかもしれません。 しかし、これから一生自分でムダ毛のお手入れをすることを考えれば、なんどかクリニック通うだけでツルツルの肌になる方が快適ではないでしょうか。 脱毛するなら早ければ早いほど、ツルツルのお肌で生活できる時間も長くなります。

レーザー脱毛は痛みがありますが、カミソリなどでの自己処理と比べると肌に優しいと言えます。 カミソリでムダ毛を剃っていると、実は皮膚も一緒に削っているのです。 皮膚を削るので炎症を起こしたり、痒みが出たり、ニキビや肌荒れになったりします。 肌が炎症を起こすとメラニン色素が作られるので、何度も繰り返しているうちに色素沈着が起き、黒ずみになったりシミが出来たりします。 カミソリでムダ毛を処理していると、脇が黒ずんだり、デリケートゾーンが黒ずんでくるのはこれが原因です。 レーザー脱毛で処理してしまえば、このような黒ずみやシミなどで悩むこともなくなります。

脱毛の中でも光脱毛の次に人気が高いのはレーザー脱毛です。 ムダ毛の自己処理をやめて脱毛をしようと思っている方は、レーザー脱毛についても一度は検討しているかもし