トップ > 脱毛の知識 > 無駄毛の自己処理では肌トラブルが起きがち

無駄毛の自己処理では肌トラブルが起きがち

無駄毛の処理というと、最初はカミソリや毛抜きで自己処理をすることが多いと思います。 始めのうちは何とも無くても、自己処理を繰り返しているうちに様々な肌トラブルが起きてしまいます。 よくある肌トラブルとしては、傷をつける、炎症、黒ずみ、ニキビ、肌荒れ、埋没毛などがあります。

カミソリで無駄毛の処理をすると、丁寧にお手入れしているつもりでも、目に見えないような細かい傷がついています。 カミソリでお手入れした後に、肌がヒリヒリしたり、痒みが出たりするのは細かい傷が付いているからです。 このようなことを繰り返していると肌が炎症を起こしメラニン色素が作られ、色素沈着するようになってしまいます。そして肌が黒ずんだり、シミができます。 無駄毛の自己処理で脇の下やVラインが黒ずむのはこのような理由です。 また、肌が傷つくと肌のバリア機能が低下してしまい、それにより肌が荒れたり、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

毛抜きを使って無駄毛を引き抜くときにも肌トラブルが起きがちです。 毛抜きで抜くと毛穴にそうとうな負担がかかり、炎症を起こすことがあります。 また、埋没毛になることがあります。埋没毛というのは、毛が肌の下に埋もれてしまう状態です。 埋没毛になるとなかなか治すことができません。

他には除毛剤を使ってお手入れする方もいるでしょう。除毛剤は無駄毛だけでなく、肌も溶かしてしまいます。 毛はタンパク質からできていますが、肌もタンパク質から出来ているためです。 そのため、除毛剤を使った後で肌が痒くなったり、赤くなったり、ヒリヒリするといったことが起きます。

このような肌トラブルでお悩みなら脱毛サロンで光脱毛をしたり、医療クリニックでレーザー脱毛をするのがおすすめです。 特に光脱毛は痛みも少なく料金も安めなので、初めて脱毛する人に向いています。

光脱毛で無駄毛を処理してしまえば、今後は自己処理をする必要がなくなるので、カミソリなどで肌を傷めることも無くなります。 そうすれば肌を傷めることもなくなるので、結果的に肌が綺麗になります。 かるい黒ずみ程度ならそのうち元にもどっていきます。 あまり酷い場合は黒ずみ用のクリームなどでケアするようにします。

脱毛サロンのディオーネでは光脱毛ではなくハイパースキン脱毛を行っています。 ハイパースキン脱毛で使う光にはフォト美顔の光も含まれています。 フォト美顔というのはフェイシャルエステで行っているケアで、肌の再生を促すので、シミやニキビなどに良いと言われています。 このようなことから、自己処理で傷めた肌や黒ずみのケアにもおすすめです。 ただし、ハイパースキン脱毛は光脱毛よりも料金が高いので、その点だけ覚えておいてください。

ここ数年でVIO脱毛(ビキニラインや股の間、ヒップ奥)の脱毛をする人が増えています。 ビキニラインをカミソリで処理していると黒ずみになることもあります。 また、ビキニラインは自分では見えにくい場所なので、お手入れ中に間違って傷つけてしまった経験がある方もいるでしょう。 脱毛サロンならプロのエステシャンが施術してくれるので安心です。 ビキニラインの黒ずみが気になっている方も多いと思いますが、VIO脱毛することでこのような肌トラブルも軽減されます。

無駄毛の処理というと、最初はカミソリや毛抜きで自己処理をすることが多いと思います。 始めのうちは何とも無くても、自己処理を繰り返しているうちに様々な肌トラブル